Twitterシャドウバンをチェックする2つの方法【解決策あり】

悩んでいる人

いいねやリプライが届かない…。調べたらシャドウバン?という状態かもしれないから確認する方法を知りたい。



こんな疑問を解決します。


筆者情報

オウスケブログの運営者情報
( @osuke_blog )



今回はシャドウバンについて解説します。

SNSを使っていると、なぜ通知が届かなかったりすることがあるかと思います。


もしかしたら、シャドウバンというペナルティが課せられているかもしれません



今回はそんなシャドウバンについて詳しく解説します。


本記事を見れば、シャドウバンのチェック方法から、具体的な対策が分かりますよ。

それでは、早速みていきましょう。

目次

シャドウバンとは?運営会社によって制限されること


悩んでいる人

そもそもシャドウバンとは…



シャドウバンを大まかに説明すると「ソーシャルメディの運営会社によってミュートされること」



字のごとく、Shadow Banされるとタイムラインに表示されなくなり、その結果、ゴースト状態になってしまうのです。


シャドウバン(shadow ban, shadowban)とは、ソーシャルメディアの運営側による望ましくないユーザーアカウントへのペナルティ措置の一つで、該当ユーザーとその投稿が公の目に触れにくくなる状態のこと

引用:シャドウバンとは 意味/解説-シマウマ用語集



アカウント凍結がツイッターやインスタにありますが、それよりも軽いペナルティがシャドウバンになります。



Twitter(ツイッター)でシャドウバンかチェックする方法

Twitter(ツイッター)でシャドウバンかチェックする方法


次にTwitterでシャドウバンかチェックする方法をご紹介します。



確認する方法は2つあるので、両方試すとシャドウバンになっていないか正確に分かるはずです。

  • その①:専用サイトを使ってチェックする方法
  • その②:検索機能を使ってチェックする方法


その①:専用サイトを使ってチェックする方法


1つ目は専用サイトを使ってTwitterのシャドウバンを確認(チェック)する方法です。

Twitter shadowban testというサイトを使います。

Twitter shadowban test(外部リンク)



使い方はとても簡単で、ツイッターのユーザーIDを入れるだけでOKですよ。

  • 当アカウントの場合は「@osuke_blog」がユーザID名。



入力後、緑色のマークになっていればシャドウバンではありません。


以下のようならセーフですね。

シャドウバンではない状態





反対に、シャドウバンになっていると赤色のマークが表示されてしまいます。


その②:検索機能を使ってチェックする方法


2つ目はTwitterの検索機能を使ってチェックする方法です。


やり方はTwitter内の検索バーに「from:ツイッターID」と入力するのみ。


例) from:osuke_blog



もし表示されなかった場合は、シャドウバンになっている可能性があります。

Instagram(インスタグラム)でシャドウバンかチェックする方法

Instagram(インスタグラム)でシャドウバンかチェックする方法


次にインスタグラムでシャドウバンになっていないか確認していきます。

Twitterとはチェック方法が異なるので、じっくり読んでください。

確認方法は2つあります。

  • その①:自力でチェック(確認)する方法
  • その②:フォロワー外のアカウントで確認


その①:自力でチェック(確認)する方法


1つ目は、一人でシャドウバンかチェックする方法です。


手順は、インスタからログアウトした状態で、ブラウザのハッシュタグから確認する方法です。

参考:Instagramで急にエンゲージメント率が極端に下がったらシャドウバン(Shadowban)の可能性あり。



この方法なら一人でも確認することができますよ。


その②:フォローされていないアカウントから確認


2つ目はフォローされていないアカウントを使って確認する方法です。


確認する方法は、あなたをフォローしていない人、3〜5人にお願いして、あなたがハッシュタグ付きで投稿した画像がそのハッシュタグページに表示されるか確認してもらうことです。

参考:Instagramで急にエンゲージメント率が極端に下がったらシャドウバン(Shadowban)の可能性あり。



ポイントは投稿数が少ないハッシュタグを使って確認することです。

なぜなら、投稿数が多いハッシュタグでは探すのが難しいからですね。



もしハッシュタグから画像が見つからない場合は、シャドウバンされている可能性が高いです。



Twitterシャドウバン種類とその意味

Twitterシャドウバン4種類とその意味


Twitterシャドウバンには次の4つ種類があります。

  1. :Ghost Ban (ゴーストバン)
  2. :Search Ban (サーチバン)
  3. :Reply Deboosting(リプライ デブースティング)
  4. :Search Suggesting Ban(サーチサゲスティングバン)


シャドウバンにもそれぞれ制限があり、Ghost Ban(ゴーストバン)・Search Ban(サーチバン)は重めのペナルティです。

シャドウバン程度リプライ
Ghost Ban重い
Search Ban重い×
Reply Deboosting軽い
Search Suggesting Ban軽い×



上記のペナルティをひとつずつ解説していきます。

①:Ghost Ban (ゴーストバン)


Ghost Ban (ゴーストバン)は、リプライが第三者から見れなくなります。


たとえば、僕がこの状態でリプライをAさんに送ったとします。しかし、そのリプライを第三者のCさんは見ることはできません。


文字通り、Ghost(幽霊)の状態になってしましフォローしても相手のタイムラインに表示されなるのです。

②:Search Ban (サーチバン)

Search Ban (サーチバン)になるとユーザー名を検索しても表示されなくなります。

しかし、検索結果で表示されないだけでプロフィールは見ることはできますよ。そのため軽めのペナルティだと言えます。

③:Reply Deboosting(リプライ デブースティング)


Reply Deboosting(リプライ デブースティング)は自分のリプライが第三者から見れない状態です。


そのため、リプライを送信しても「このツイートは表示できません」と表示されてしまいます。

④:Search Suggesting Ban(サーチサゲスティングバン)



Search Suggesting Ban(サーチサゲスティングバン)になると「センシティブな内容を含むコンテンツ」と表示されます。


シャドウバンの中でも軽いバンです。

しかし、Twitterで検索をかけると表示されにくくなります。

Twitterシャドウバンに該当する行為


シャドウバンになってしまう原因はいくつかあります。しかし、大半の原因は「Twitterのポリシー」への違反が大きいです。


たとえば、botのようにリプライを送信しまくる、ハッシュタグの使いすぎなどが該当します。

シャドウバンに該当する行為

  • 内容が同じまたは似ているツイートを繰り返し投稿。
  • 特定のトレンドトピックやハッシュタグの乱用。
  • ツイートや返信の送信を自動化する。
  • 複数のアカウントで同じような文章を投稿。
  • フォローとフォロー解除を過剰に行う

引用:Twitterルールとポリシー



上記のような行為が見つかると、検索結果から自動で除外または凍結されてしまいます。

ハッシュタグの使い過ぎのよってシャドウバンになる人が多いので注意しましょう。



シャドウバンを解除する2つの方法


シャドウバンになってしまう原因をご紹介しましたが、解除する方法もセットで解説します。

解除する方法を試したから必ず効果が出るわけではありません。

しかし、僕が体験してきた中で効果があったものでぜひ参考にしみてみてください。


  • 方法①:解除されるまで時間を置く
  • 方法②:Twitterサポートへ報告する



方法①:解除されるまで時間を置く


シャドウバンを解除するには時間を置くことが一番おすすめです。



目安としては1日~1週間ほどです。



オウスケ

この期間はツイートやRTもせずに放置しましょう


制限がかけられた状態でツイートやハッシュタグを使ってしまうと、解除までの期間が伸びてしまいます。

そのため時間を置くことがシャドウバンの解除に一番有効ですよ。


方法②:Twitterサポートへ報告する


「時間を置いたけど解除されない…」という方はサポートセンターへ報告するのがおすすめです。

>>Twitterヘルプセンター(外部サイト)


送信内容は「自分のアカウントが検索に表示されない・ツイートが表示されない」と明記すれだけでOKですよ。


ヘルプセンターから数日で返信が来るので、その間はご紹介した解除方法①を守るようにしましょう。

シャドウバンにならないための対策3つ

シャドウバンにならないための対策3つ


最後にシャドウバンのペナルティにかからない対策を3つご紹介します。


海外のサイトにて詳しく書かれている記事があったのでそちらを参考にしました。

参考サイト:How To Avoid Twitter’s Shadowban Penalty


  1. :ハッシュタグを乱用しない
  2. :ツイートの間隔をあける
  3. :同じツイートを連続投稿しない



ひとつずつ解説します。


対策①::ハッシュタグを乱用しない

おすすめ度:

同じハッシュタグを連続で使うとシャドウバンになったことがあります。そのため、同じハッシュタグを使用しないのがおすすめです。


当アカウントも以前はハッシュタグを5つほど多様してしました。

最近ではハッシュタグを2つ以下にしたところ、一度もシャドウバンになることが無くなりました。


同じハッシュタグを多用しないようぜひ気を付けてみましょう。

対策②:信頼度を上げる

おすすめ度:


フォロワー数が500人未満のアカウントは、シャドウバンの制限にかかる可能性が高くなります。

参考サイトでは2~3回の攻撃的なツイートでシャドウバンになると明記されていました。

そのためTwitterの場合は、500人以上のフォロワー獲得が有効な対策です。


対策③:同じツイートを連続投稿しない


同じツイートが続くとシャドウバンになることがあります。なぜなら運営会社がbotと判断するからです。

ただし、個人アカウントが普段通りに使う分は問題はないですよ。

シャドウバンをチェック(確認)する方法:まとめ


今回はシャドウバンをチェックする方法をご紹介しました。

シャドウバンになってしまうと、SNS集客・運用の妨げになってしまいます。

本記事で紹介した対策をぜひ参考にしてみてください。

今回は以上です。



次の記事>>ブログの収益化が難しい3つの理由【解決策あり】

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!

質問はこちらへお願いします。

コメントする

目次
閉じる