【2021年版】WordPressにおすすめレンタルサーバー5社【個人向け】

おすすめレンタルサーバーを個人向けに5社ご紹介しています。
悩んでいる人

ワードプレスでブログを始めたけど、どのレンタルサーバーがおすすめかな?個人サイトだから、その点を考慮して知りたい。


こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • レンタルサーバーを選ぶポイント5つ
  • 【徹底比較】レンタルサーバーおすすめ5選
  • レンタルサーバーの導入方法

この記事を書いた人

Twitter(@osuke_blog)

この記事を書いている僕はブログ歴10ヶ月。自粛期間をきっかけにブログを開始し、20万円を達成。東京で暮らしています。


ブログ運営において、ページ表示速度や値段からサーバー選びは重要です。

そこで本記事では、個人向けにおすすめのレンタルサーバーを5社ご紹介します。

レンタルサーバー月額初期費用(税込)安定

公式ペーを見る
792円無料

公式ページを見る
836円無料

公式ページを見る
968円無料

公式ページを見る
550円1,650円

公式ページを見る
968円無料
(3カ月以上)

上記は各レンタルサーバーの基本スペックをまとめた表となります。


ちなみに、下記記事ではConoha WINGを使って10分でブログを開設する方法をご紹介しています。



関連記事>>【10分でできる!】WordPressブログの始め方を解説

     目次

レンタルサーバーを選ぶポイント5つ

個人向けレンタルサーバーを選ぶポイントは下記の通りです。

レンタルサーバーを選ぶポイント

  • ポイント①:費用
  • ポイント②:実績と信頼
  • ポイント③:サーバーの表示・処理速度
  • ポイント④:サポート体制
  • ポイント⑤:Wordpressかんたんインストール付き



上記5つのポイントを沿ってひとつずつご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

レンタルサーバーは、Webサイトやブログの成長過程で、アクセスやページ表示速度をこなす重要な役割があります。


ポイント①:費用


レンタルサーバーに必要な費用は2つ。「初期費用」と「月額費用」です。

ここで重要なのは、「費用を抑えたいからとりあえず安いサーバーを選ぶ」という考えを捨てること。

安い理由は、速度やサーバ―のスペックが悪かったり、サポート体制が不十分なことが多いなどが考えられます。

数百円払うだけで、面倒なことをしなくても済むため注意しましょう。

費用を安く抑えるには?

結論、契約期間を長くすることです。

サーバー契約時には、「1ヵ月・3カ月・6ヶ月・12ヵ月・24ヵ月・36ヵ月」のどれかを選びますが、長期契約することでお得になります。

ブログで成果を出すには半年から1年はかかります。最低でも12ヵ月の契約をするのがおすすめです。


もちろん継続できるか心配な方もいると思うので、無理のない期間を選んでも問題ありません。

ちなみに、僕はモチベーション維持のために12ヵ月で契約しました。損したくないという気持ちもあり、思い切って契約して良かったです。

ポイント②:実績と知名度


2つ目のポイントは、サーバーの実績と信頼性です。何かあったときのサポートの手厚さも考慮すべきポイントとなります。

実績のチェックポイント

  • 運営会社
  • 運用年数
  • 過去に起きた障害と対応


運用期間が長かったり、

ポイント③:サーバーの表示・処理速度


サーバー選びにはデータの表示・処理速度も重要ポイントです。

なぜなら、サイトの読み込み速度が速いほど、読者を離脱させずにコンテンツを読んでもらえる可能性が高まるからですね。


たとえば、ページ読み込みが5秒以上かかると、約90%がユーザーが離れてしまいます。
参考サイト:Think with Google


上記のように、たったの5秒読み込まれないだけで9割の読者が離れてしまうのが現実です。速度の遅いサーバーを選んでしまうと、このようなことが起きる可能性があるため注意しましょう。

オウスケ

Googleも速度の速いサイトを好むため、処理の速いサーバー選びがより重要となっています。

ポイント④:サポート体制


初めてレンタルサーバーと契約すると、設定や管理方法などでわからない点が出るかもしれません。

そのためサポート体制が丁寧で手厚いレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

たとえば、Wordpressを契約したタイミングで管理画面が表示されないことがあります。そういった時もサポートに電話することでスムーズに解消できるはずです。

オウスケ

エックスサーバーやConoha wingはサポートが丁寧でおすすめです。

ポイント⑤:Wordpressかんたんインストール付き


収益化を目指してブログを始める人はWordPressを選ぶ方がほとんどです。

そういった方には、WordPressかんたんインストール機能があるレンタルサーバーを選ぶのがおすすめですよ。

オウスケ

ブログでお金を稼いでいる方の9割以上がWordPressを使用しています。無料ブログなどに比べて制限が少なく、オシャレなサイトを作ることも可能になります。


そのため、スムーズにブログを始めるためにも、かんたんインストール機能のあるレンタルサーバーを選ぶのがポイントです。


関連記事:【10分でできる!】WordPressブログの始め方を解説

【徹底比較】レンタルサーバーおすすめ5選【個人向け】

選ぶポイントは分かったけど、どのサーバーが良いのかな?

という方に向けて、おすすめのサーバーを5社ご紹介します。

  • ブログにかかる費用
  • サポート体制

レンタルサーバーは何十社とありますが、上記条件を満たしているサーバーは少ないです。

下記にて、「ブログを始めるなら」というサーバー5社をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.エックスサーバー

【国内シェアNO.1】エックスサーバー

エックスサーバーは王道のレンタルサーバーで、利用者が多いのが特徴です。

ブログをやっていない方も、名前だけでも聞いたことがある方も多いかと思います。

XSERVERの特徴

  • 利用者が多い
  • 設定を間違えても、たくさんの情報がヒットする
  • 長期間運用されており、問題が少ない

上記がエックスサーバーの特徴となります。


>>エックスサーバー公式サイトを見る

2.Conoha WING(コノハウィング)

【国内最速】Conoha WIGN


Conoha wingは2018年9月にリリースされた、比較的新しいレンタルサーバーです。

運用年数は短いものの、トップブロガーも使うなど勢いのあるレンタルサーバーとなっています。

Conoha WINGがオススメの人

  • コスパの良いサーバーが良い人
  • 高速で表示されるサーバーが良い
  • 管理画面が見やすい


Conoha WING(コノハ ウィング)の特徴は、何といっても表示速度です。

上記の通りですね。サイト表示速度が速いことによって、ユーザーは快適に記事を読むことが出来ます。結果として、検索順位アップにも貢献してくれるはずです。


また料金もWINGパック(ベーシック)が最安値でおすすめです。キャンペーン時期には月額840円で利用可能ですよ。

オウスケ

東証一部上場のGMOが運営している点も安心できます。サーバー選びに失敗したくない!という方におすすめです。


Conoha WINGのサポート

  • 電話対応:

→平日10:00~18:00

  • メール対応:

→24時間・365日対応


上記の通り、メールでの対応は365日対応しているので安心です。


>>Conoha WING公式サイトを見る


詳しくは、下記リンクをご覧ください。


またConoha WINGを使ってブログを始める方法は、以下にて解説しています。

3.mixhost

mixhost


Mixhostは2016年6月から運用しており、Conoha WINGと同じく比較的新しいサーバーです。

Mixhostがおすすめの人

  • 高スペックのサーバーが良い
  • アダルトサイトを運営したい

上記のように、ご紹介しているレンタルサーバー内で、唯一アダルト・出会い系で使用可能です。


4.LOLIOPOP



安い値段でサーバーを借りたい方には、ロリポップがおすすめです。

月額250円から使用することができます。しかし、記事冒頭でもお話したように、安すぎるサーバーはサポートなど不足していることがあります。

ロリポップがおすすめの人

  • 安くレンタルサーバーを使いたい
  • 最新のレンタルサーバーが良い


上記のように、レンタルサーバーの安定感・値段が安いのが特報です。そのため、国内シェアはXserverに次ぐ第2位となっています。

おすすめはハイスピード

ちなみに、個人サイトであればハイスピードプランがおすすめです。

5.ColorfulBox(カラフルボックス)


ColorfulBoxは、株式会社カラフルラボが運営しているレンタルサーバーです。


サーバー管理にcPanelを採用しているため、知識がない人でも簡単にサーバーを管理できるようになっています。

カラフルボックスがおすすめの人

  • 安定かつ高速なレンタルサーバーを使いたい
  • バックアップを安全に保存したい
  • アダルトサイトを運営したい


カラフルバックスの特徴は、安全にバックアップを保管できる点です。

下記をご覧ください。



たとえば、災害が東京が起きたときに、大阪にバックアップ先を設定することができます。

他サーバーからも高い安全性があるのが、カラフルボックスの特徴です。

>>ColorfulBox公式サイトを見る

【個人向け】レンタルサーバーの導入方法


ちなみにレンタルサーバーの導入方法は、以下の通りです。

5ステップで導入できるので非常に簡単ですよ。

  • step①:レンタルサーバーを選ぶ
  • step②:レンタルサーバーに申し込む
  • step③;管理画面にログイン
  • step④:WordPressを設定する
  • step⑤:WordPressでブログを始める


上記ステップについて、簡単にご紹介します。

step①:レンタルサーバーを選ぶ

最初にレンタルサーバーを選択しましょう。

料金プラン・転送容量・サポートなど比較し、自分に合っているものを選べばOKですよ。

step②:レンタルサーバーに申し込む

次に、選択したレンタルサーバーに申し込みましょう。

たいていの場合、ここでサーバーへのログインID・パスワードも設定します。


忘れてしまう方もいるため、メモを取るようにするのがおすすめですよ。

step③;管理画面にログイン


申し込みが完了したら、ログインIDを使って管理画面にログインしましょう。


サーバーによって画面は異なりますが、契約情報から、契約期間。個人情報やプランなど必要な情報がすべて載っています。

使う機会はあまり多くはありませんが、ブックマークしていおきましょう。

step④:WordPressを設定する


step④ではWordPressを設定していきます。

レンタルサーバーによって、WordPressかんたんインスト―ル機能を使うえば、面倒な設定をせずにインストールできます。

オウスケ

ちなみに、他社からもサーバー乗り換えもこちらで設定できますよ。


レンタルサーバーを引っ越すさいは、必ずバックアップを取っておきましょう。Osuke Blogで使っているプラグインは下記にてご紹介しています。

step⑤:WordPressでブログを書き始める


それでは、いよいよWordPressでブログを書いていきましょう!


ちなみにステップ①~⑤までをまとめたブログの始め方は、下記にて詳しく解説しています。


10分でブログを開設する方法から、初期設定まですべてご紹介しているのでご覧ください。

>>【10分でできる!】WordPressブログの始め方を解説

まとめ:迷ったら「Conoha WING」か「エックスサーバー」を選ぼう


今回はおすすめのレンタルサーバーをご紹介しました。

紹介したサーバーを見て、「どれを選べばいいか分からない…」という方は、下記2つがおすすめです。


ちなみにConoha WINGを使ってブログを始める方法は、下記にて解説しています。


ブログ運営、Webサイトを運営したい方は本記事を参考に、レンタルサーバーを借りて始めていきましょう。

ということで、今回は以上です。

スポンサーリンク

おすすめレンタルサーバーを個人向けに5社ご紹介しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
     目次
閉じる