Rank Trackerの料金・使い方を解説|SEO順位チェックツール

ブロガーのみなさん…ブログの検索順位チェックしていますか?

ブロガー

Googleで何位に入っているか確認することだよね?サーチコンソールを使って何となく順位は見ているけど…


それだけじゃダメですよ!

本記事の内容
  • Rank Trackerの特徴5つ
  • Rank Trackerの料金プラン3つ
  • Rank Trackerの導入手順
  • Rank Trackerの初期設定

この記事を書いた人

Twitter( @osuke_blog )

この記事を書いている僕はブログ歴10ヶ月。ブログで20万円ほどの収益を得ています。


ブログで稼ぐには検索エンジン(SEO)で上位を獲るのが重要です。

なぜなら検索エンジンから来た読者は、購買意欲が高く成約につながりやすいからです。

理由は簡単で、その商品を欲しくてユーザー自ら調べているからですね。

今回は僕がブログ3ヶ月目から愛用している検索順位ツール、Rank Trackerについて解説します。

トップブロガーも使っている神ツールなので、SEOで上位を狙いたい方は導入必須ですよ。

\ 返金保証付き /

     目次

Rank Trackerの特徴5つ

Rank Traker

RankTrackerの特徴5つを解説します。

ランクトラッカーの5つの特徴

  1. キーワードを自動で順位チェックしてくれる
  2. 検索ボリュームを細かく調べられる
  3. Mac・Windowsの両方で使える
  4. キーワード登録数が無制限
  5. デザインがおしゃれ



ひとつずつ解説します。

①キーワードを自動で順位チェックしてくれる

自動で検索順位をチェック


RankTrackerは時間を設定するだけで、自動でキーワードの順位チェックを行えます。

手動でキーワードの順位をチェックしていたら、記事を書く時間がなくなりますよね。

予約した時間に、自動で順位チェックしてくれるので時短にもなります。

②検索ボリュームを細かく調べられる

検索ボリューム


『検索ボリューム数』も細かく調べられます。

キーワードプランナーなどと比較しても、RankTrakerはより細かい数字で確認できますよ。

ボリューム以外にも以下の項目もチェックできます。

  • 関連キーワード
  • 競合性
  • クリック単価
  • キーワード難易度


③Mac・Windowsの両方で使える

「RankTraker」はMacだけでなく、Windowsにも対応しています。

僕はWindowsのPCでRank Trakerを使っています。

比較対象となるGRCはMacに対応していません。GRCをMacで使用するには仮想環境が必要になるので注意。

将来的にMacに乗り換え予定の方は、RankTrakerをおすすめですね。

④キーワード登録数が無制限

RankTrakerはキーワードの登録数に制限がありません。

比較されるGRCの登録数は以下の通り。

GRCのキーワード登録数

  • ベーシック版(4,500円):500キーワード
  • スタンダード版(9,000円):5,000キーワード
  • エキスパート版(13,500円):50,000キーワード


⑤デザインがおしゃれ

僕がRankTrakerを導入したきっかけが、デザインが美しかったこと。

近未来的なデザインで、見ているだけでワクワクするのが決め手でした。

GRCも順位チェックのみの場合はコスパ最強ですが、昭和のデザインが見にくいです。その点、RankTrakerはひと目で順位が分かるので最高ですよ。

Rank Trakerの料金|3つのプラン



RankTrakerには3つプランがあります。

RankTrakerのプラン3つ

  • プラン①:無料版:0円
  • プラン②:プロフェッショナル:$149
  • プラン③:エンタープライズ:$349

個人ブロガーには『プロフェッショナル版』がおすすめです。

プロフェッショナル版にはSEOで上位を獲得するのに必要な機能がすべて揃っていますよ。

オウスケ

僕もプロフェッショナル版を使っています!

エンタープライズは企業向けのプランのため、個人ブロガーには宝の持ち腐れになってしまいます。個人ブロガー『プロフェッショナル版』を選べばOKですよ。



Rank Trackerのインスト―ル方法【5ステップ】

RankTrakerは5ステップで導入できます。

公式サイトは英語表示の場合がありますが、この5つのステップ通り行えば問題なく進められますよ。

RankTrakerを導入する手順5つ

  • ①:公式サイトで『名前&メアド』を入力し、RankTrakerをダウンロード
  • ②:ファイルを開き、設定をする
  • ③:公式サイトで有料ライセンスを購入
  • ④:メアドに届いた『確認キー』でチェック
  • ⑤:有料ライセンスを有効化する

ステップ①:公式サイトで『名前&メアド』を入力し、RankTrakerをダウンロード

公式サイトへ行き、下の写真のように『Rank Traker』をクリックします。

  • 表示が英語の場合は、サイト右上から”JPN”を選択すれば日本語になりますよ。
RankTrakerをクリック

RankTrakerをクリックすると、下のような写真が出てきます。

①名前」と「②メールアドレス」を入力していきましょう。

名前・メールアドレスを入力

名前とメールアドレスが打ち終わったら、『RankTrakerををダウンロードする』をクリックします。

すると、下のような画面になります。

ボタンをクリックすると、自動でダウンロードされます。

  • Macの方は真ん中のボタンからダウンロードできます
  • Windows・Linuxの方はボタン下から選択

ステップ②:ファイルを開き、設定を行う

ステップ①でダウンロードが完了すると、ファイルが表示されます。

表示された「RankTraker.dmg」をダブルクリックします。

注意書きのポップが出ますが、「開く」をクリックしてOKですよ。

Javaのポップが出た場合は、別途Javaのインストールが必要です。

Javaをインストールし、操作環境を設定するには以下の手順で行います。

Javaの導入方法

  1. 公式サイトへ行き、『無料Javaをダウンロード』をクリック
  2. ダウンロードしたJavaソフトをダブルクリックして開く
  3. 『インストール』をクリック
  4. Javaのインストールが完了

以上がJavaのインストール方法になります。これでRank Trakerが開けるようになっているはずですよ。

下記のような画像が出てきたら『日本語』ををクリック。

利用規約を読み、「同意する」をクリック。

(Macの場合は”承諾”するが表示されます)

「3つ」チェックを外す

Rank Trakrer」以外のチェックを外し、「次へ」をクリックしましょう。

以上がRank Trakerのインストールになります!

「完了」ボタンを押して、RankTrakerを起動させましょう。


PCのホームに「RankTracker」が表示されればインストールは完了です。

ステップ③:有料ライセンスを購入(プロフェッショナル版)

RankTracker公式サイト」にアクセスします

「注文」をクリックする



下記のような画面に移ります。

「今すぐアップグレード」をクリックしましょう。(当ブログはプロフェッショナル版を選択しています)

「今すぐアップグレード」

支払方法を以下の3つ。

  1. クレジットカード
  2. PalyPal
  3. その他のお支払い方法

上記の中から支払方法を選び、支払を行いましょう。

(僕は楽天カードを使ったため、VISAで決済しました。)

以上が有料ライセンスの購入となります。

購入が完了すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

  • 数十分、メールが届かない場合があり

ステップ④:メールに届いた登録キーをメモする

届いたメールには下記の2つが掲載されています。

ステップ⑤で使用するので、コピーしておきましょう。

  • Registered by:〇〇〇
  • Registered key:〇〇〇
2つコピーする

ステップ⑤:登録キーをライセンスを有効化



ランクトラッカーを開き、「ヘルプ→情報」で登録キーを入力します。

以下の2つに、メールに届いた「Registered byとRegistered key」を入力していきます。

  1. Registered by:〇〇〇/登録者
  2. Registered key:〇〇〇/登録キー

これでRank Trakerの導入が完了しました。

長かったですが、お疲れ様です…!!

最後にRankTrakerを使えるように4つほど設定をしていきます。

Rank Trackerの設定4つ【キーワードを登録】



それではRankTrakerの設定と使い方について解説していきます。

設定は以下の4つ

  1. 設定①:ブログ(ドメイン)を登録
  2. 設定②:ワークスペースを作成
  3. 設定③:ランク確認モードを50位→100位に変更
  4. 設定④:スケジュール予約を設定し、記録する



ひとつずつ解説していきます。

設定①:ブログ(URL)を登録

はじめにブログのドメイン(URL)を登録します。

以下の画像のようにURLを入力し、「次へ」をクリックします。

ブログのURLを入力



「次へ」を押すと、Googleアナリティクスとアドセンスの接続画面に代わります。

以下の2つは接続しなくてもOKです!

  • Googleアナリティクス
  • Googleアドセンス
接続をしなくも問題なし

2つほどキーワードを登録してみます。

  • サイト名(当ブログの場合はOsuke Blog)
  • 登録したいキーワード

※キーワードは設定が終了したあとでも登録可能です。

キーワードを登録してみる

次に検索エンジンを選択していきます。

デフォルトではUSA版のGoogleが登録されているため、日本版のGoogleに変更します

「+さらに検索エンジンを追加する」をクリックしましょう。

検索エンジンを追加する

下記のように検索バーに「japan」と入力し、次の2つを追加します。

  1. Google.co.jp
  2. Google.co.jp(Mobile)
japanを追加


USAのGoogleは使わないため削除しましょう。

これで検索エンジンの追加が完了しました。

検索エンジンの追加が完了

次に設定②のワークスペースを作っていきます。

設定②:ワークスペースを作成

ワークスペースは「登録したキーワードの順位をチェックしたり、計測したい情報をセットするスペース」になります。


Rank Traker右上にある、「+」クリックします。

「+」をクリック

下記のように、8つの項目にチェックを入れましょう。

8つの項目

下記の8つにチェックを入れればOKですよ。

  1. キーワード
  2. タグ(メモ書きに使用)
  3. 注意(リライト時に使用)
  4. Google Rank
  5. Google.co.jp URLが見つかりました
  6. Google.co.jp 差異
  7. Google.co.jp 日付を確認
  8. 検索数


続いて設定③に移ります。

設定③:ランク確認モードを50位→100位に変更

デフォルトでは検索順位が50位以内のキーワードしか表示されません。

これでは登録されるキーワードが少なくなるので、50位から100位へ変更します。

左上にある「環境」 → 「ランク確認モード」をクリックしましょう。

ランク確認モードをクリック

確認する結果の最大数を「100」にすれば完了です。

最大数を100にする

設定④:順位のスケジュール(時間)を予約する



ラスト4つ目の設定は、「順位チェックのスケジュール予約」を行います。

「環境設定」→「Schedules Taske(スケジューラー)」をクリックしましょう。

環境設定→スケジューラー

以下の2つを追加します。

  • タスク名
  • スケジュール情報

※スケジュールの時間は何時でもOKですよ

タスク名・スケジュール情報を設定できれば「オン」を押して完了です!

まとめ:Rank TrackerでSEOを攻略しよう!

検索順位で上位を取るために必須のRank Trakerについて紹介しました。

復習になりますがRankTrakerの特徴は5つ。

  1. キーワードの順位を自動でチェックしてくれる
  2. 検索ボリュームを細かく調べれる
  3. Mac・Windowsの両方に対応
  4. キーワード登録数が無制限
  5. デザインがおしゃれ

RankTrakerはSEOで上位を目指すうえで必須ツールです。

ぜひRank Trakerを使って一緒にSEOで上位を目指しましょう!

\ クレジットカート決済できます! /

今回は以上となります。




次の記事>>ブログアフィリエイトにおすすめツール7選【これで20万円を達成】

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
     目次
閉じる