【簡単】リード文の書き方を3ステップで解説【すぐ使える例文付き】

悩んでいる人

リード文が重要と言われるけど、どうしてだろう?何となく書いているから、書き方のコツがあれば知りたい。


こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • リード文が重要な3つの理由
  • リード文の書き方【3ステップで解説】
  • 文章よりも会話調を意識しよう

この記事を書いた人

Twitter(@osuke_blog)

この記事を書いている僕は、自粛期間にブログを開始して収益20万円を達成。ブロガー兼学生として、東京で暮らしています。


今回はブログで重要な、リード文の書き方をご紹介します。

Webライティングにおいて、リード文は重要なのですが、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

また、どうすればリード文が読まれるのか。分からない人も多いと思います。

読まれるリード文はのポイントは3つ。たったの3つを意識するだけです。

具体的には、

  1. 読み手への共感と問い
  2. 解決策を提示
  3. 読む手の未来を示す


上記3つを意識すれば、読まれるリード文が完成しますよ。


オウスケ

本記事を読めば、リード文を改善できるはずです。2分ほどで読めるため、最後までご覧ください。

     目次

リード文が重要な3つの理由


リード文が重要な理由は3つあります。

リード文が重要な理由

  • 理由①:読むかどうか判断される部分だから
  • 理由②:離脱されると、SEOに影響するから
  • 理由③:リード文を意識する人が少ない



ひとつずつ、解説してきます。

理由①:読むかどうか判断される部分だから


Webの記事におけるリード文は、読者がその記事を読むかどうか判断する入口でもあります。


この記事を読んでいる方は、スマホの縦スクロールで見ていますよね?

雑誌のように広げて見れないため、冒頭は入り口となります。


そのため。リード文で読み手の共感を得る必要があるのです。

オウスケ

たとえば、ここで読んだ下さった方は「リード文がよく分からないから、読んで見ようかな…」と判断してくれたはずですよね。


そのため、リード文は、読むかどうかの判断部分となるのです。

理由②:離脱されるとSEOに影響するから


リード文で読者の共感を得られないと、読者の離脱が高まってしまいます。

結果として、読者に価値のないページと判断され、SEOの評価を落としてしまうのです。

たとえば、リード文がテキトーだと「このまま読み進めても良いのかな?」と、少し不安になりますよね。



そのため、読者の共感を得たリード文は、最後まで読まれる確率が高まるのです。

理由③:リード文を意識する人が少ない


リード文の重要さを解説しましたが、意識している人は少ないです。

オウスケ

僕もその1人でした。今でこそリード文の書き方を書いていますが、導入文の優先度は低かったです


リード文を意識するだけで、ライバルよりも「読む価値がある」と伝えられます。

それではここから、リード文の書き方を解説します。

読者が読むリード文の書き方【3ステップで解説】



リード文は難しいようで、簡単です。ポイントは読み手の気持ちをつかみ、共感すること。


ポイントを以下です。

  • ステップ①:読み手への共感と問い
  • ステップ②:解決策を提示
  • ステップ③:読む手の未来を示す



少し分かりにくいので、ていねいに説明しますね。

ステップ①:読み手への共感と問い


1つ目は、読み手への共感と問いです。


リード文では、読者の悩みに交換することが重要です。なぜなら、共感を得ることで、読み手に聞く姿勢を持ってもらうことができるからですね。

本記事では下記です。

Webライティングにおいて、リード文は重要なのですが、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

また、どうすれば読まれるのか、分からない人も多いと思います。



たとえば、あなたが友人に悩みを相談して、「●●に悩んでいるんだね」と言われたら、「あの子は私の悩みを分かってくれている…」と思うはず。

オウスケ

共感と問いかけは、読み手を「記事を読むゾーン」に入れる、重要なポイントになります。


共感は読み手に、聴く姿勢を持ってもらうための入り口。

上記を、リード文を書く前に思い出してみましょう。

ステップ②:解決策を提示


読み手が抱えている悩みに共感できたら、「本記事でその悩みを解決します」と伝えましょう。

悩んでいる人

わざわざ書く必要ある?

と思うかもですが、入れるのをオススメします。

オウスケ

1人でも多くの人に読んでもらうためにも、書き手は最大限の配慮が必要です。「良い記事だし、リード文くらい手を抜いても…」と思ったら、大間違いです。



ちなみに、リード文では、

  • 本記事を読めば解決できること
  • その解決策の提示


の2つを意識してみましょう。



本記事のリード文では、この部分ですね。

読まれるリード文は3つポイントがあります。

たったの3つを意識するだけです。



具体的な解決策があることを、ぜひ伝えてください。

ステップ③:読む手の未来を示す


最後は、読み手に対して「悩みを解決して、得られる未来をみせること」です。

悩んでいる読者に、共感→解決策を示す→するとどうなるかまでをセットで描きます。

本記事では下記です。

上記3つを意識すれば、読まれるリード文が完成しますよ。



読み手に未来を示すことで、「意識してみようかな、行動してみようかな」と思ってもらうことで、行動をうながす効果があります。

トップブロガーであるマナブさんが、「良い記事とは読者に行動してもらうこと」と書いていました。まさにこの通りですね。

リード文では、記事を読んでもらえるよう行動をうながす一言を入れましょう。

オウスケ

リード文で意識すべきポイントは以上です。とても簡単なので、すぐに実践できると思います。

【テンプレート付き】リード文の型


今回の内容をもとに、本記事は作成しました。

すぐに実践できるリード文の型をご紹介しますね。

【テンプレート付き】リード文の型

  • その①:読み手の悩みを示す
  • その②:課題の解決方法
  • その③:得られる未来

上記3つのみです。


本記事を参考にご紹介するので、まとめました。

その①:読み手の悩みを示す

その②:課題の解決方法

その③:得られる未来



こんな感じですね。


ジャンルによって使い方は変わるので、応用してもらえると嬉しいです!

文章よりも会話調を意識しよう

ちなみに、ここまでご紹介したリード文は、書籍やブロガーさんを参考に、僕がアレンジしたものです。

そのため、本記事を参考に、あなたなりにアレンジしてもらえると嬉しいです。

基礎的なテンプレートがいくつかあるので、当てはめれば誰でも、読まれるリード文が書けますよ。


たとえば、SDS法。サマリー・ディティール、サマリーの頭文字をとったものです。

  • summary:記事の概要
  • details:詳細の説明
  • summary:改めて記事の概要


コンテンツの伝えたい全体像を説明したあとに、「具体的には」「本記事では」などに繋げていけばOKです。

悩んでいる人

そう言われても難しそう…


という方は、友人との会話をイメージしてみると良いです。

文章を書こうとすると、どうしても不自然になってしまいますよね。そんなときは「1分で話せ」という45万部を超えた本を読むと、参考になるはずです。

下記にてリンクを貼っておくので、よければ試し読みしてみてください。


その他、おすすめ本は下記にて解説しています。良い記事を書くには、インプットが重要なので、活用して頂けると嬉しいです。

関連記事:【保存版】ブログ運営で実践的に使えるおすすめの5冊

まとめ:リード文の書き方をマスターしよう!


今回は、3ステップで読まれるリード文の書き方を解説しました。

最後にまとめると、

読まれるリード文:まとめ
  1. 読み手への共感と問い
  2. 解決策を提示
  3. 読む手の未来を示す


上記の通りですね。


すぐ実践できる内容となっているので、参考になれば嬉しいです。

ということで、今回は以上です。

次の記事>>すぐできる!ブログタイトルの決め方7つ【具体的も解説】

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
     目次
閉じる