Googleアドセンスの審査に10回落ち続けた僕が試した5つの対策

Googleアドセンスに落ちたOsukeが試した5つの対策
悩んでいる人

Googleアドセンスに申請しているんだけど、一行に受からない…

悩んでいる人

アドセンスに受かるにはどんな対策をすれば良いのかな…

今回はこんなお悩みを解決します。

この記事で分かること

  • 僕がGoogleアドセンスに受かった時の状況
  • アドセンス合格のためした5つの対策
  • 【2020年最新版】アドセンスに落ちる原因は?
  • よくあるGoogleアドセンスQ&A

ブログ運営の登竜門でもあるGoogleアドセンスへの合格。できれば一発で受かりたいですよね。

ただ、審査は年々厳しくなっており「一発で受からない…」という方が非常に多いです。

僕もまさにその一人でした。アドセンス合格まで約4ヶ月、落ちた回数は10回以上だと思います。

しかし、そんな僕でも12月12日にようやくGoogleアドセンスに受かることができました。

https://twitter.com/osuke_blog/status/1337735792681123840

そこでこの記事ではアドセンスに受からなくて、ブログ運営が辛い…。

そんな方に向けてGoogleアドセンスに受かるため試した5つの対策&こんなブログは落ちやすい3選をまとめて解説します。

ではさっそく本文に行きましょう。

目次

Googleアドセンス審査に受かった時の状況

当ブログがGoogleアドセンスに合格したときの状況がこちら(12/12)

Googleアドセンス合格時
  • 記事数:20記事
  • 文字数:1,500~8,000字(※平均文字数は2,600字ほど)
  • 広告:ASP・SWELLなどのアフィリエイト広告あり
  • 外部リンク:あり
  • カテゴリー:3つ(生活・雑記・ブログ運営)

12月8日に申請してから4日後に合格メールが届きました

今までは半日ほどで不合格メールが来ていたので、「機械的に落とされる」ということが無かったと推測できます。

また巷で言われている対策は”ほぼ”すべてやっていました。

プライバシーポリシーやGoogleアナリティクス、SSL化などすべてです。

Googleアドセンスに受かるために試した5つの対策

アドセンス合格に向けて次の5つを試しました。

  1. 平均文字数を増やす(2,000字以上が理想)
  2. カテゴリーを少なくする
  3. コピペチェック(Googleスプレッドシートを使用)
  4. インデックス未登録を減らす
  5. 価値の低い記事を非公開にする

一つずつ解説していきます。

①文字数を増やす(最低2,000字)

アドセンス審査でとくに重要になってくるのが「文字(テキスト)」です。

なぜならGoogleアドセンス審査は、テキストを見て合否を決めていると言われているからです。

  • コピペしたと判断されると”価値の低い広告枠”と判断される可能性があります

もちろん、テキスト以外にもページの操作性(ユーザビリティ)も大切です。

しかし、文字数が1,000字以下では読者の満足度に答えれるとは言えないでしょう。

そのため、当ブログは最低2,000字の記事を書くように心がけました。

オウスケ

2,000字以上を書くのは大変なので、構成があると良いでしょう

②カテゴリーを少なくする

アドセンス申請時はできるだけ「カテゴリーを少なく」していました。

申請時のカテゴリーが次の3つ。

  • ブログ運営(17記事)
  • 雑記(8記事)
  • 生活(3記事)

1カテゴリーに1記事は少ないので、最低3記事。

できれば1カテゴリーに5記事はあった方が良いと思います。

③コピペチェック(Googleスプレッドシートを使用)

10月半ばまでの記事をすべてコピペチェックしました。

なぜかプロフィール記事の「テキスト間判定」が要注意に…。

心配だったのでコピペツールを使って一致率を59%➡29%ほどに下げました。

  • ここまで調べる必要はありませんが、怪しい記事があれば調べるといいかもです。

無料コピペツールするなら「CopyContentDetector」がオススメ

「コピペしていないか確認したい…。」

そんな方は無料でコピペチェックできるCopy Content Detectorがオススメです。

コピーチェックしたい記事(文章)を貼り付けて、ボタンを押せば1,2分で終わります。

オウスケ

4,000字までは無料なのでよかったどうぞ

④インデックス未登録を減らす

4つ目にインデックス未登録の記事を減らしました。

悩むカエル

インデックス未登録??

オウスケ

インデックス未登録について軽く解説します。

インデックス未登録とは…検索エンジンがクロール(巡回)はしているがインデックスには登録されていないという状態

クロール済みなのにインデックスされない?「検出-インデックス未登録」とは

インデックス未登録はブログの評価を落とすことになります。

これが「価値の低い広告枠」などに関係あるかもしれません。

そのため僕は次の2つを試しました。

  • ページ同士を内部リンクで繋げる
  • 未登録の記事を非公開(noindex)

インデックス未登録を確認する方法

インデックス未登録を確認する方法を紹介します。

「サーチコンソール」>左インデックスの項目にある「カバレッジ」をクリック。

「✔除外○○」を開くと、「クロール済み-インデックス未登録-」が確認できます。

↓こんな感じ

⑤価値の低い記事を非公開・noindexする

試したことラスト5つ目が、「価値の低い記事」を非公開・noindexにするです。

価値の低い記事を見分けるにはいくつか項目があります。

  • 直帰率・離脱率が高い
  • 記事の滞在時間が短い

直帰率・離脱率が高い&ページ滞在時間が短い時は工夫を

直帰率が高い&滞在時間が短いと、「価値の低い記事」とGoogleが認識します。

なぜなら、「この記事では読者の悩みは解決できていない」と判断されるため。

改善するには次の3つを試してみましょう。

  • 導入文(リード文)を変えてみる
  • ブログの回遊率を上げる
  • 非公開にする
オウスケ

面倒ならアドセンス申請時のみ非公開にするのもアリかもです

Googleアドセンスの審査に落ちた原因は?【2020年】

Twitterでもよく言われていますが、アドセンス審査は年々厳しくなっています。

僕も「昔はアドセンス合格なんてホントに簡単だった」なんてよく耳にします。

ここからはGoogleアドセンスに落ちる要因3つを見ていきましょう。

Googleアドセンスに落ちる要因3つ

アドセンスに落ちる要因は主に次の3つ。

  1. 不十分なコンテンツ(記事)
  2. ポリシーに準拠していない
  3. アドセンス規約違反

①不十分なコンテンツ

アドセンスの審査落ちの原因が、【不十分なコンテンツ・価値の低い広告枠】なら、記事が原因であるでしょう。

具体的な原因はこちら

  • 記事の内容が被っている
  • 1記事の文字数が少ない
  • 記事数が足りていない

とくに文字数が1,000字以下は注意ですね。

アドセンス審査はテキスト(文字)で判断される割合が高いです。

文字数が少ない=「この記事が価値がない」と判断されかねません。

オウスケ

最低1,500字、できれば2,000字以上は欲しいです

ポリシー違反・アドセンス規約違反はなんとも言えない

Googleアドセンスに受かった方で、「ポリシー違反・アドセンス規約違反に気を付けよう!」と書かれていますよね。

もちろん気を付けるに越したことはありません。

ただ、そこまで敏感にならなくても大丈夫ですよ。

コピペなどせず、また禁止ワードを扱うジャンルでなければ、引っかかることはないですから。

よくあるGoogleアドセンスのQ&A

ここではよくあるアドセンスの質問に答えていきます。

僕が実際にみてきたこと・経験したことを軸に答えています。

オウスケ

参考までにどうぞ

申請したら数時間で不合格のメールが届く…

連続で申請し続けると”機械的に落とされる”ということがあります。

不合格メールがすぐ届くなら、1,2週間は期間を空けて申請してみてはいかかでしょうか。

アフィリエイト広告って外すべき?

僕は貼ったまま合格しました。

ただ、アフィリエイト広告によっては落ちる原因になってしまいます。

可能ならば外すことをおすすめします。

特化ブログの方が受かりやすい?

僕は雑記ブログでしたが、特化の方が受かりやすいとはよく聞きます。

なぜなら専門性が上がるからですね。

雑記で書かれている方は、カテゴリーを絞って記事を書くと良いかもです。

落ちてから再審査まで期間はあけるべき?

これはぜひA・Bテストしていただきたいです。

なぜなら期間を空けて受かった人と、すぐ審査をして受かった人がいるからです。

僕が試したA・Bテストがこちら↓

申請してすぐ返信が来る→1・2週間期間を空ける

申請回数はまだ少ない→対策を施す→少し期間を空けて申請する

アドセンスに初めて申請したけど、返信が遅い…

ブログ始めたての方は申請しても2,3週間、返信が来ないことがよくあります。

(僕は初申請から1週間ほどかかりました)

少し心配かと思いますが、返信は必ず来るので記事でも書いて待っていればOKですよ。

まとめ:Googleアドセンス審査は諦めなければ受かる

  1. 平均文字数を増やす
  2. カテゴリーを3つにする
  3. コピペチェック(スプレッドシートを使用)
  4. インデックス未登録を減らす
  5. 価値の低い記事を非公開&noindexにする

スポンサーリンク

Googleアドセンスに落ちたOsukeが試した5つの対策

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!

質問はこちらへお願いします。

コメントする

目次
閉じる