ブログがめんどくさいと感じる5つの瞬間と対処法【おすすめ本あり】

悩んでいる人

ブログは好きなのですが、どうしてもやる気が出ません。書きたいとは思っているのですが、どうすれば解決できるのでしょうか。


こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 結論、ブログはめんどうで大変なことが多い
  • ブログをめんどくさいと感じる瞬間5つ
  • それでも僕がブログ運営を続けられた理由
  • ブログがめんどくさいと感じたときの対処法

この記事を書いた人

Twitter(@ousukeosuke_blog)

この記事を書いている僕はブログ歴10ヵ月、ブログで20万円を達成。好きなものは読書と映画、東京で暮らしています。



[ブログは好きだけど、めんどくさいなぁ…」と思うことはありますよね。


でも、ブログで稼ぎたいから何とか続けている!という方も多いはずです。


そんな方に向けて、ブログ運営がめんどくさいが当たり前である理由を解説しています。


本記事を見れば、ブログがめんどくさいと感じたときの対処法が分かりますよ。少しでもあなたの参考になれると嬉しいです。

それでは見ていきましょう。

     目次

結論、ブログはめんどうで大変なことが多いです


オウスケブログは10ヵ月ほど運営しており、月20万円ほどのアフィリエイト収益が発生している状況です。

とはいえ、プライベートの時間をほぼ全てブログに充てているので、「めんどうだな、大変だな~」と思うことも。

オウスケ

ブログに限らず副業は大変です。もちろん楽しいので継続できていますが、休みたくなることもあります。



ブログ歴が長くになるにつれ、習慣化されていくため継続が圧倒的に楽になりました。しかし、ブログを始めたばかりの頃、とくに3カ月目が一番キツかったです。

実際、ブログに疲れた方へ。疲れたときの対処法とアドバイス3つに書いたように、3カ月目で挫折しています。


ブログをめんどくさいと感じる瞬間5つ


ブログ初心者だったころにめんどうだと感じた瞬間を5つご紹介します。

その①:なにを書けばいいかわからない


初心者あるあるかもですが、最初からジャンル選定ができていないと、何から書こうか迷ってしまいますよね。

実際、ブログを始めたときはジャンルが定まっておらず、何から書けば良いかわからない状態でした。



当時は雑記スタイルで5~3カテゴリーに絞って執筆しており、そこからアクセスが伸びたカテゴリーを書くように。

オウスケ

「何を書けばよいか分からない…」という方は、カテゴリーを3つに絞って書くのがおすすめです。なぜなら、0から始めると自分にあったカテゴリーが分からないからですね。


後ほど解説しますが、ブログを始めたばかりの頃は量をこなすのが大切です。結果として質も高くなるので、最初から質を求めなくてもOKですよ。

その②:キーワード選定がよく分からない


個人的に、キーワード選定は時間と経験を積むことで少しずつ理解できるようになりました。

とはいえ、ブログ初心者の方がキーワード選定をやると「何だこれ…」となりますよね。


やり方が分かっても、「このキーワード選んでも大丈夫??」と迷ってしまうんですよね。

オウスケ

ブログを始めたときはキーワード選定が理解できず、挫折しました。一度で理解するのは難しいです。


ブログ初心者がやりがちですが、一度ですべて完璧にしなくてOKです。「こんな感じか!」と軽く理解して、少しずつ覚えていきましょう。

なぜなら、最初から質を求めると必ず挫折してしまうからですね。キーワード選定なども量をこなして覚えていきましょう。

その③:書いているジャンルで成果が出るかわからない


ジャンル選びも、いくつか試すことで成果が出るジャンルが見えてきます。

なぜなら、未経験から完璧にジャンルを選ぶことは難しいからです。

僕もジャンル選びで迷ったため、やる気がなくなってしまうことも。笑

ジャンル選びで迷う瞬間
  • このジャンルで成果は出るのかな
  • 自分のサイトがSEOで上位表示できるのかな
  • このまま上手くいかなかったらどうしよう…

上記のような、漠然とした不安が増えてしまいますよね。

ここで伝えたいのは、最初から成果が出るジャンルを見つけるのは難しいということ。


悩むよりも淡々と記事を書くことで、悩みは解決していきます。30記事ほど書くことで、読まれる記事が分かってくるので、横展開していきましょう。

その④:SEOで上位表示される気がしないから

ブログを始めたばかりの頃は、SEOで全く上位表示されないですよね。

なぜなら、Googleにサイトが認知されるまで3カ月から6ヶ月ほどかかるからです。

オウスケブログも4か月ほどは上位表示されず、SEOで結果を出している人を見て、落ち込むこともありました。


とはいえ、キーワード選定から構成づくりを行ったことで上位表示される記事が増え、少しずつ自信が付いていきました。

オウスケ

最初は暗いトンネルにいる気持ちになりますが、コツコツ続けることでようやく光が見えてきます。


ぶっちゃけ、検索キーワードの検索意図を満たすことができれば上位表示は可能です。まずは量をこなしつつ、淡々と取り組みしかありません。

関連記事:SEOにおいて検索意図が重要な理由とは?【コンテンツ作成のコツあり】

その⑤:成果がまったく発生しないから


ブログでアフィリエイトなどの成果が発生しないと、「こんなに頑張っているのにどうして…」と感じかるかもしれません。

最初の数カ月はとくに「なんでこんな頑張っているのに、発生しないんだろう…」と落ち込みますよね。

しかし、記事数やある程度のセールライティングが必要になるため、最初からアフィリエイトで成果を出すことは難しいです。


上記ツイートにもあるように、収益以外のモチベーションを持っておくと継続しやすくなります。


1万円を超えると一気にやる気が出るので、下積み期間に腐らないのが重要です。

関連記事:【初心者向け】ブログで1万円を達成するための5つの行動

それでも僕がブログ運営を続けられた理由


ここまでブログがめんどくさいなと感じる瞬間をご紹介しましたが、それでもブログを続けられたのには理由があります。

「ここ最近やる気がないな…」と思っている方には、参考になるはずです。

  • 理由①:人の役に立てるのが嬉しいから
  • 理由②:ブログを書いていない時にも成果が発生するから


ひとつずつ解説してきます。

理由①:人の役に立てるのが嬉しいから  


個人的に大切にしているのが、「自分の書いた記事が人に役に立つこと」です。

もちろん成果は発生するにも嬉しいのですが、それ以上に「誰かに貢献できた」という想いが、とても嬉しいんですね。

ブログ以外にも、Twitterで発信していくなかで感謝されるだけで続けて良かったなと。

「誰かの役に立てた」と考えれるようになると、充実した気持ちでブログが続けられると思います。

理由②:ブログを書いていない時にも成果が発生するから


あなたが作成したコンテンツは、ブログを削除しない限り一生残ることになります。

そのため、SEOで上位表示され続ければ、継続的にアクセス・収益をもたらしてくれます。

オウスケ

ブログの場合は、目のに見える形で成果が残ります。

普通の仕事は「時間に応じて報酬が受け取れる」形ですが、不労所得のような収益を得られるのは大きいですね。


ちなみにアフィリエイトの仕組みは【保存版】アフィリエイトブログの始め方を5ステップにて詳しく解説しています。

ブログがめんどくさいと感じたときの対処法



下記5つを試したことで、僕はブログ運営を継続できました。

ブログがめんどくさいと感じたときの対処法

  • その①:ブログを始めた目的を思い出す
  • その②:サイトデザインを変えてみる
  • その③:書きたいことを書く
  • その④:70%で公開する
  • その⑤:自分の成長を確認する


その①:ブログを始めた目的を思い出す


めんどくさいと感じたら、「ブログを始めた目的」があいまいなことが多いです。

明確な目的があることで、辛いときも乗り越えられたりします。そのためには、目標など紙になどに書いて、イメージするなどがおすすめです。

オウスケ

僕の場合は、将来的に役立つスキルを手に入れたい。という目的を持ってブログを続けています。


目的を持って行動することで、自分に必要なことが見えてくるはずです。まずは、紙に目的や達成したい目標を書いてみると良いと思います。


僕が収益20万円を超えるためにやったことは下記にて解説しています。


その②:サイトデザインを変えてみる


個人的におすすめなのが、サイトデザインを変えてみることです。

デザインをおしゃれにするのが好きなので、ブログに疲れたときはよくやっています。結果として、サイトに愛着が湧くなどして継続できるようになりました。

オウスケ

ちなみにオウスケブログではSWELLというテーマを使っています。総評価4.5|WordPressテーマSWELLの評判・メリットにて使ってみた感想をご紹介しているので、気になった方はぜひご覧ください。


自分のブログが成長していくのはモチベーションにも影響します。「デザインが雑かも…」と感じた方はぜひ実践してみてください。

関連記事:【2021年】WordPressのおすすめテーマ5選|無料・有料別

その③:書きたいことを書く


収益化を意識してしまうと、「自分が書きたい記事」がどうしても書けなくなってしまいます。

なぜなら、マネタイズするには読者の役に立つ記事が必要になるからですね。

そのため、どうしても記事更新がめんどくさいと感じたら、「あなたが書きたいこと」を優先して書くのがおすすめです。


読者の役に立つコンテンツを作るには、事前のリサーチ・構成づくりなどがやることが多いです。

あなたが書きたいことを書くことで、息抜きにもなり、そこからエンジンがかかるかもしれません。



「ブログが疲れた…」という方は、ブログに疲れた方へ。疲れたときの対処法とアドバイス3つが参考になるはずです。合わせてご覧ください

その④:70%で公開する


クオリティの高い記事を書くと、それだけで何時間もかかりますよね。

しかし、すべて120%で更新しようとすると更新数が途切れてしまい、結果として書くのが嫌になることも。

そもそも高品質な記事を書くにしても、上限を決めないといつまでもクオリティを追求してしまいます。


そのために、「このくらいで投稿しようかな」と気軽に投稿すると気が楽になりますよ。

オウスケ

僕も見出し下に画像を貼るのがめんどうで、最近は公開してから貼るようにしています。


ブログの良い点は修正できる点です。書き間違いはあまり気にせず、どんどん公開していきましょう。

その⑤:自分の成長を確認する

自分の成長を確認しながら、ブログを進めていきましょう。

たとえば、「アクセスが伸びた・ライティングスキルが上がった、SEOで上位表示されるようになった、今月は10本も更新できているなど。

なぜ成長が大切かというと、サイトを運営するのも書くのもあなたであり、成長することで、出来ることが増えていくからですね。


できること増えると、自然とユーザーへ価値提供できるようになっていきます。過去の自分と比べてみると、必ず成長したポイントがあるはずです。

ブログがめんどくさいと感じたら読みたい2冊

1.大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした


ブログに限らず、人間関係・仕事・恋愛に疲れた方におすすめしたい一冊。

普段はあまりエッセイ本を読まないのですが、知人におすすめされ読んでみたところ、金言が多く、ブログ運営にも参考になる本だと思いました。

当時、自分はどんな人にも対しても、思いやりを持って親切に接していこうと決めたそうだ。ただし、自分の人格を尊重してくれない人にまで親切にすることはない

~(中略)

譲れない部分まで自分を犠牲にしていると、知り合いの中に嫌な人が増えていくだけで、自分を失うことになると悟った


Amazonでもベストセラーとなっており、55万部を突破しています。家族や知り合いにおすすめしたくなる、そんな言葉がたくさんあるので、読む価値がありますよ。

2.高速仕事術

私がなにを言いたいかと言うと、「失敗を積極的に取るつもり」でアウトプットし続けようということです。

そもそも、集中して取り組んだ仕事に失敗なんて存在しません。


記事を書くのが億劫になったときに、読み返しています。

ブログに限らず、仕事で迷ったときも役立つはずです。

本書では「先送りしてしまう」方に向けて、短い時間で最大の結果を出すための細かいノウハウが書かれています。

320ページほどありますが、表紙が柔らかいので読みやすいです。ぜひ通勤時間を使って読んで見てください。

ブログがめんどくさいと感じたら少し休もう


今回はブログがめんどくさいと感じたときの対処法から、おすすめ本をご紹介しました。

ブログに限らず、夢中になって取り組むと、自然と継続できるようになっていきます。

めんどくさと感じるのはよくあることなので、自分だけの対処法を見つけてもらえる嬉しいです。

ということで今回は以上です。

次の記事>>ブログに疲れた方へ。疲れたときの対処法とアドバイス3つ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
     目次
閉じる