ブログに疲れた方へ。疲れたときの対処法とアドバイス3つ

ブログに疲れたときの対処法
悩んでいる人

ブログを始めて3カ月目ですが、疲れました。やめるつもりは無いのですが、こういう時はどうすれば良いのでしょうか。



こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • ブログに疲れた休むのもあり
  • おすすめの過ごし方3つ
  • ブログに疲れた人へ2つのアドバイス

この記事を書いた人

Twitter(@osuke_blog)

この記事を書いている僕はブログ歴10ヵ月、ブログで20万円を達成。好きなものは本とアニメ、東京で暮らしています。


ブログを書いていると疲れる時期が来ますよね。

僕も2ヶ月目がもっとも辛く、実は2週間ほど記事を書かずにTwitterを眺めるだけの期間がありました

そんな僕が、休止期間中にやってよかったことを3つほどご紹介していきます。

本記事を見れば、ブログ疲れの対処法から、休む間に気を付けることが分かりますよ


それでは、さっそく本文に参りましょう。

目次

ブログに疲れたら休むのもあり【ただし、注意点があります】




冒頭でお話したように、ブログがどうしても辛かったら休むのも全然ありです。

ただし、注意点として期限を決めて休むようにしましょう。なぜなら、期限を決めないとダラダラと時間が過ぎていってしまうからですね。

もちろん、惰性でも継続した方が早く成果を出せるかもしれません。

しかし、ブログを始めたばかりの頃は続けるのでさえ難しいいのが現実です。

オウスケ

休む勇気が必要なときもあります。僕は結果としてブログを再開する決意ができました。


ブログに疲れたため2週間ほどお休みしていた



Twitterでも呟いたのですが、2020年の9月に一度休止していました。

期間で言うと2週間ほどですね。

当時はブログ更新もできず、本を見たりTwitterを眺めるだけの日々を送っていました。

原因は結果をすぐ求めてしまったことにあります。当たり前ですが、2ヶ月ちょっとでブログは成果は出ません。

筋トレと同じで、半年続けてようやく変化が出てくる感じです。

オウスケ

僕は半年まで伸び悩みましたが。7ヶ月目を超えたときに収益が3万・5万円と伸びていきました。



しかし当時は「このままブログやめようかな…。」とひたすら考えていました

有名ブロガーさんも休止していた




上記のようにトップブロガーのTsuzukiさんも1ヶ月ほど休止した過去があったようです。

記事を書くこと自体、脳みそをフル回転させるため、疲れるのは当たり前ですよね。

オウスケ

ブログを休むことは逃げではないです


ブログで疲れた人へおすすめの過ごし方3つ



ブログで疲れた方へおすすめの過ごし方を、3つご紹介していきます。

  1. :まずはブログから離れる
  2. :アニメ・映画を一気見する
  3. :ブログを始めた目的を見直してみる



ひとつずつ見ていきましょう。

①:まずはブログから離れる



ブログに疲れたら、身体だけでなく精神的にも疲れてきます。

そんなときは、ブログから離れるのが効果的です。

継続が大事!という風潮もありますが、気分が落ち込んでいては記事を書くことは難しいと思います。思い切って、ブログ・PCから距離を置いてみるのも大切ですよ。


②:アニメ・映画を一気見する


ブログから離れることができたら、溜まっていたアニメや映画を一気見しましょう。


僕のおすすめアニメ・映画を5つほどご紹介します。

おすすめのアニメ・映画

  1. 「ソードアート・オンライン」(アニメ)
  2. 「バクマン」(アニメ)
  3. 「グッド・ウィル・ハンティング」
  4. 「LIFE!ライフ」(2013年)
  5. 「最強のふたり」(2012年)




落ち込んだときに、1人でゆっくり映画を鑑賞すると少しだけ元気慣れますよ。

アニメなら「バクマン」、映画なら「最強のふたり」はとくにおすすめです。

ちなみに、アニメや映画以外ならブログ本から知識を身に付けるのも良いですよ。詳しくは【厳選】ブログ運営で実践的に使えるおすすめ本5冊をご覧ください。



③:ブログから得られるものを確認する



ブログから何を得られるかチェックしましょう。

たとえば、次のようなスキルを体系的に学ぶことができ、横展開することも可能ですよ。

  • Webライティング
  • マーケティングスキル
  • SEOの基礎知識



たとえば、ブログで得たライティングスキルを使って、ライターとして活動するのも良いですよね。

オウスケ

ライターを始めるなら「CrowdWorks」、「クラウドテック」がおすすめです。




上記のように、ブログを始めることで「どういったスキルを学べるのか」などを考えると視野が広がりますよ。

ブログで疲れた人へ2つのアドバイス



ブログ疲れの大変さは理解していので、今悩んでいる方の力になれたらなと。

実際、ブログ疲れから乗り切った僕だからこと伝えられることを2つまとめました。

ぜひこのまま読み進めてくださいね。

その①:どうしても辛かったら休んでOK



ブログは継続が大切ですが、「どうしても辛いな…」と感じたら休んでOKです。

なぜなら、ブログを始めたばかりの頃は続けることが重要だからです。

もちろん毎日更新することでアクセスが増えるといったメリットもあります。しかし、向き不向きがあるので気にしないでOKかと。



完璧主義の人ほどブログを書くのが遅くなってしまう傾向にあります。

オウスケ

完璧は記事を書ける人はいないので。70%くらいで僕は公開するようにしています。



完璧主義については僕がブログ完璧主義をやめれた3つの方法をご覧ください。

その②:休んだことで得られたこともある



ブログを休止したことで得られるメリットもあります。

僕の場合は、ブログを始めた目的と方向性を考える時間ができました。



ツイートの通り、「方向性と目的」を再確認するようにしました。

  1. ブログの方向性→どのジャンルなら続けられるか
  2. ブログを始めた目的→どんな目的で始めたか


「将来的に役に立つスキルを手に入れたい」という想いがあり、ブロガーとして活動を始めましたが、始めたばかりの頃は収益を優先してしまっていました。。

もちろんお金を稼ぎたいから始めるのも問題ありません。

しかし、ブログは成果が出るまで時間がかかります。早い人で半年とかですね。

「なぜブログを始めたのか」を明確にするとブログは継続しやすいですよ。

関連記事:ブログの収益化が難しい3つの理由【解決策あり】

ブログに疲れてもテキトーな記事は書かない



テキトーな記事を書いてしまうと次のようなデメリットが生じます。


  • 次の記事も適当に書いてしまう
  • Googleからの評価が下がる可能性あり
  • 読者に役に立つ



適当に記事を書いてしまうと、上記のようなデメリットがあります。

記事を見に来てくれたユーザーにとって、運営者のモチベーションは関係ありません。

たとえば、本記事をテキトーに書けば1,000文字以下にすることも可能です。


しかし、見に来てくださった読者は何も得られません。

読者の役に立つコンテンツ作りが必要



ブログで大切なのは、読者の役に立つことです。

実際に成果を出しつつ、その情報を言語化することに重要になります。


そのためにはリアルで経験を増やすことで、ブログ全体の価値が上げっていくはずです。

収益1万円を超えるまでが一番大変でしたが、金額以上の経験を得ることができました。



【初心者向け】ブログで1万円を達成するための5つの行動にて詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

まとめ:ブログで疲れたら期間を決めて休もう!



今回はブログに疲れたときの対処法と、3つのアドバイスをご紹介しました。

「ブログに疲れたら休んでもOK」という選択肢持っておくことがおすすめです。


無理せず、自分のペースでブログを続けていきましょう!

今回は以上です。

次の記事>>ブログの収益化が難しい3つの理由【解決策あり】

スポンサーリンク

ブログに疲れたときの対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
目次
閉じる