ブログは時代遅れなのか?稼ぐ方法を20万円達成した僕が解説

悩んでいる人

SNSでときどき「ブログはオワコン!」と聞くけど、実際はどうなの?もし始めるなら失敗しないやり方を知りたい。

こんな疑問を解決します。

本記事の内容
  • ブログは時代遅れではない
  • ブログが時代遅れと言われる3つの理由
  • ブログで稼ぐ5つの方法

この記事を書いた人

Twitter(@osuke_blog)

この記事を書いてる僕はブログ歴10ヵ月。ブログから20万円ほどの収益を得ながら、東京で暮らしています。


今回はブログは2021年も時代遅れなのか?というテーマでお話していきます。

結論から言うと、ブログはまったく時代遅れではありません。

むしろ月1,000円ほどの費用で始めらるので、副業としておすすめです。


本記事を見ればブログが時代遅れと言われる3つの理由から、稼ぐまでの5つの方法が分かりますよ。

それではさっそく見ていきましょう。

     目次

ブログは時代遅れではない理由



冒頭でもお話しましたが、ブログは時代遅れではありません。

なぜなら、実際にブログで収益を上げている方がいるからです。

  • 詳しくは下記にて解説します


僕も2020年からブログを始めた後発組ですが、、同時期に始めた方で月1万円をこえた方を何人も知っています。

また次のような理由からからブログは時代遅れではないと判断できます。

  • テキストが無くなることはない
  • 副業として注目されている


テキストが無くなることはない


大前提としてテキストが無くなることがないので、時代遅れもないかと思います。

なぜなら、テキストは最短で情報を得られる手段であるから。どれだけ動画コンテンツが流行ろうともです。


最近ではクラブハウスといった音声SNSの需要が高まっていますが、文章コンテンツに置き換わることは考えられません。

テキストには音声にない価値があるため、消えることはないでしょう。


副業として注目されている


2019年になり副業が解禁されました。

参考:副業解禁、主要企業の5割 社員成長や新事業に期待

解禁にともない、注目を浴びたのが副業ブログになります。

大半の方はブログ=日記というイメージを持っているかもですが、ブログで収益化は可能です。

たとえば、ブログで100万以上稼ぐ方もいます。

  • クニトミさん(副業コンパス)
  • マナブさん(manablog)
  • Tsuzukiさん(Tsuzuki Blog)


上記の方は個人ブロガーとして稼いでいますよ。


ブログが時代遅れと言われる3つの要因

そもそも、なぜブログは時代遅れと言われているのか。

詳しく解説していきます。

ブログが時代遅れと言われる要因

  1. 個人がSEOで上位表示されにくくなったから
  2. Googleのコアアップデートによる影響
  3. インフルエンサーがオワコン説を唱えたから



①:個人がSEOで上位表示されにくくなったから


1つ目が個人がSEOで上位表示されにくくなった問題です。

2020年5月にコアアップデートが起き、「信頼性のあるサイト・ブログ」が重視されるようになりました。

信頼性ついてはGoogle公式がE-A-Tについて明記しています。


3.2 専門知識、信頼性、信頼性(EAT)の詳細


ウェブページ/ウェブサイトが有する専門知識、権威、信頼性(EAT)の量は非常に重要です。

引用:General Guidelines



そのため、信頼性が低い個人ブロガーは上位表示が難しくなったのです。

オウスケ

ただ2020年12月のコアアップデートにより個人ブログの順位が戻っているので、まだまだ可能性はあります。

②:Googleのコアアップデートによる影響


理由①と同じく、Googleによる影響です。

ここ数年はは3カ月~4ヶ月に一度のペースでアップデートが起きていました。そのため上位獲得ができていたのに、アップデートで順位が落ちた!ということがよくあります。

しかし、Googleは「ユーザーにとって役に立つ」を軸にアップデートを起こしているので、仕方がないです。

過去には医療・健康系のアップデートがあった

2017年には健康・医療に関するアップデートが起き、これらのジャンルを攻めていた個人ブログのほとんどが飛んでいきました。



何千万円も稼いでいたブロガー・アフィリエイターが「ブログはオワコン!」と発信するのも理解できますね。

③:インフルエンサーがオワコン説を唱えたから



上記のようなアップデートにより収益化が難しくなったのは事実です。

結果、インフルエンサーの方が「ブログは時代遅れ!オワコンだ!」と唱えるの方が増えていきました。

もちろんが動画・音声コンテンツの需要が高まっていくのは間違いないです。



しかし、ブログで月100万円は難しいですが、月5万円なら今からでも十分可能です。


副業として取り組む分には、あまり関係ないのかと思います。

ブログは時代遅れではない根拠



時代遅れの意味は「その時代の傾向や流行などについていけず、取り残されていること」です。

しかし、実際のところ市場が伸びているので、”取り残されている”には該当しないかと思います。

アフィリエイト市場は伸び続けている


ブログ収益の多くはアフィリエイト広告によるものです。

当ブログも収益が20万円をこえたときは9割がアフィリエイトでした。

次の表は矢野経済研究所が公開した「アフィリエイト市場の関する調査」の表になります。

出典:アフィリエイト市場に関する調査を実施(2020年)


上記から分かるように、アフィリエイト市場は伸びており、2020年から2021年にかけては約400億円も増加しています。

市場伸びている=収益化のチャンスも増えるので、ブログで稼ぐことは可能です

もちろん、市場の増加により企業が参入してくるのは明確なので、個人ブログが勝てるジャンル選びが重要になります。


時代遅れと言われるブログで稼ぐ方法5つ


次にこれからブログを始めた方に向けけに、ブログで稼ぐための方法をご紹介します。

方法は次の5つです。

  1. :SNS流入を増やす
  2. :ロングテールKWを積み上げる
  3. :被リンクを増やして上位を狙う
  4. :実体験をベースとした記事づくり
  5. :時間とツールに投資する



方法①:SNS流入を増やす


個人ブログの集客にはTwitterなどのSNSを活用するのがおすすめです。


SNS集客はSEOよりも難易度が低く、Googleのアップデートが起きたときにはリスク分散にもなります。


僕もSNS集客をしており、フォロワーが2,000人ほどに増えたことで安定したアクセスを集めることができました。


オウスケ

しかし、SNS流ばかりに頼るのは良くありません。購買意欲の高いユーザーを集めるためにも、SEOは必須です



方法②:ロングテールを積み上げる

ロングテールキーワードは複数単語の組み合わせ


2つ目は、地道にロングテールキーワードで上位獲得です。

ロングテールキーワードは3語以上の複数単語でできたいキーワードになります。たとえば、「映画 おすすめ 洋画」など。


ロングテールは初心者の方でも上位表示が可能です。なぜなら、競合が少なく・読者の悩みが明確になるためです。


僕もロングテールキーワードを軸にSEO集客しており、1位を10記事ほど獲得しています。初心者の方も積極的に狙うのがおすすめですよ。

詳しくはSEOで重要なロングテールキーワードとは?【選び方の手順3つ】にて解説しています。


方法③:被リンクを増やして上位を狙う


SEOで上位表示するには被リンクが重要です。

なぜなら、Googleの技術責任者が被リンクに重要であると明記しているからですね。

  • 被リンク…他サイトから自サイトへ設定されたリンク


評価対象にしているのは正に被リンクの方だけです。こうした被リンクは、サイトがどれだけ人気があるか、人からどれくらい支持されているかの指標だからです。

参考URL:https://twitter.com/methode/status/797031428412370944?ref_src=twsrc


上記は少し情報が古いですが、昔から被リンクが重要であり、今なお変わりません。


ブログを始めたときはあまり注目していなかったのですが、SEOについて学ぶ中で被リンクの重要性を理解しました。

被リンクを増やしたことでドメインパワーが上昇



上記ツイートの通り、被リンクを増やしたことでドメインパワーが20.5まで上昇しました。




記事を書きつつ、すきま時間で被リンクを増やすのが大切です。ドメインパワーを上げた方法は下記にて解説しています。

方法④:実体験をベースとした記事づくり



Googleがランキングを決める評価基準に「オリジナリティ」があります。

オリジナリティを出すには、実体験をベースに記事を書くのがおすすめです。

オウスケ

体験ベースなら個人の専門性を出すことができます。



差別化のためにも経験談を交えることで、ユーザーとGoogleから評価されるのは間違いないでしょう。

方法⑤:時間とツールに投資する



最後は時間とツールへの投資です。

ブログで収益化が出なかったときはツールへの投資をしていませんでした。

具体的な次のようなツールです。

  • 順位チェックツール
  • 有料テーマ


WordPressは無料テーマでもブログを書けますが、SEO集客するなら順位チェックツールは必須です。

なぜなら、順位を把握していないと、どのようにリライトして順位を上げればいいか分からないからですね。

オウスケ

僕は4ヶ月目にRank Trackerという順位チェックツールを導入しました。



結果としてSEOで上位表示・知識を増やすことができました。

当ブログが使っているツールはブログアフィリエイトにおすすめツール7選!【これで20万円を達成】にて解説しています。

どれも使いやすいのでぜひご覧ください。

時代遅れと言われたブログを始めた理由


時代遅れと言われてもブログはまだまだ稼げるなと思います。

僕がブログを始めた2020年も「ブログはオワコン!」という情報を見かけました。ただ、実際に結果を出している人がいたので気にしませんでした。

それよりも、ブログ運営からなにを得たいのかが重要かと思います。

ブログを始めた2つの理由

  1. ブログを通じてスキルを得たかった
  2. マーケティングについて学びたかった



ひとつずつご紹介します。

①:ブログを通じてスキルを得たかった



ブログを始めると次のような知識・スキルを身に付けることできます。

  • Webライティング
  • SEOについての知識
  • マーケティング


仮にブログで稼げなくとも、ブログ運営から得たスキルを活かすことができます。たとえば、ライティングを活かしたWebライター。

今はクラウドワークスなどで未経験からライターになる方が多いです。また、ブログをやっていると差別化にもなるので有利になりますよ。

ライターから始めるのもあり

Twitter上にもブロガーとWebライターを兼任している方が多く、相乗効果を狙えます。クラウドワークスなら未経験の方でも、無料で始めることができるのでおすすめです

>>無料でクラウドワークスに登録する


②:マーケティングについて学びたかった


大学入学時に、「将来はIT系の会社の就職をしたい」という目標がありました。しかし、IT系にはさまざまば職種があります。

自分に合っている職業を考えたとき、マーケティングについて学びたいと考えるように。実際に調べてみると、業務内容がブログ運営と似ている箇所がありました。


規模は違いますが、ブログ運営を通してマーケティングについて学びたいと思ったのが2つ目の理由なります。

まとめ:ブログは時代遅れではない!

まとめ:ブログは時代遅れではない!挑戦あるのみ


今回はブログは時代遅れと言われる3つの理由から、稼ぐための方法をご紹介しました。

少しでもブログを始めようかな…と思ったらチャンスです。時間はかかりますが、努力すれば必ず稼ぐことはできますよ。

次の記事>>10分でできる!WordPressブログの始め方を解説





副業ブログの仕組みについては下記にてご紹介しています。



今回は以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアお願いします
     目次
閉じる